FC2ブログ

2010年06月05日

  1. KBB 「Rice Planting Song」(06/05)
次のページ

KBB 「Rice Planting Song」

2010.06.05(23:52)
2007年リリース。「Proof of Concept」収録。
随分前の記事で前振りをしたことがあるんですが、KBBを御存知の方はいらっしゃいますか?私の勝手な予想では知らない方がほとんどだと思います。D.F.O.とは違う電気バイオリンですね。実際私も最近まで知らなかったグループです。とは言いつつ



Amazonにはありますね。アルバム画像を拾おうと、探したときは無かったような気がするんですが。公式サイトで画像をコピーしたような覚えが。
しかし、日本のグループに関わらず、USインポートってレーベルがUSなんですかね。
正直、このアルバムは2010年現在、レンタルで安く手に入れることは難しいんじゃないかと思います。あれば儲けモノです。レンタルはリクエストが通ればDMMなら出来るかもしれませんね。あそこはフリー記述のリクエストで、記入できますからね。DISCASはKBBがアーティストとして認識されないので、リクエストすら出来ないから無理なんじゃないかと思います。
余談ですがDISCASで「KB」でリクエスト検索すると「AKB48」が真っ先に出てきます。まぁ、今現在で知名度や人気度は断然上でしょうね。ああ言うのは見て楽しむモノで、後世に残るメロディかは疑問ですが。否定はしませんけど私は自分史に積極的に残したいとは思いません。AKB48とかは今ならyoutubeで見て楽しんで、時間の経過とともに鮮度が落ちたら忘れ去られちゃうんだろうなぁと思いますよ。4半世紀後に聴いている人は居るのかな?ゼロとは言い切れないから居るのかもしれないですね。
話が随分それてしまって、AKB48はさておき、KBBをどうしてもレンタルでと言う事なら輸入盤を扱っているTSUTAYAのお店なら出来るかもしれません。私が知る限りでは一店舗だけですね。でも、日本のグループでUSインポートのリクエスト、レンタル、出来るのかな?

今日は随分前置きが長いですね。長すぎだよ。まだ続きます。
このグループ、好き嫌いがはっきりするんじゃないかと思いますよ。ジャンルは、Progressive Rock and Fusionというまたしても何でも併せれば良いというようなジャンルです。こんなジャンルこれを書くまで知りませんでした。Rockだったらvoice全開だと思うので、一応Fusionと言う事にしておきます。

全体的にKBBは無理をし過ぎの曲が多いですね。メロディの流れが大きく乱れるというか、3分くらいですぱっと切ってくれると良いメロディになると思うんですが、ちょっと無理して10分近くとか長い曲を好むようですね。私は曲単位でメロディを重視する傾向があるので、曲単位で聴くと、ここは良いけど、ここからがちょっと残念、という感じがします。折角良いメロディがあるけど、その後繋ぎがイマイチというのが結構有って残念ながら評価が落ちてしまうと言うのが多いです。そういう意味で好き嫌いがあるんじゃないかなぁと、思うんですよね。
ただし、
「Rice Planting Song」は別です。一言で言うと面白い曲です。これはKBBの中ではコンパクト、アップテンポで軽快、かつ、早いストリングス中心のメロディを聴かせてくれます。
当初、曲名が「Rice Planting Son」で「g」が抜けていて、意味が田植え息子?米作農家の息子かなぁ?意味が分からん、と考えていたんですが、「Rice Planting Song」が正式名称だと言う事が分かりました。それでも「田植え歌」と正直よく分からない意味ですね。
まぁ意味はともかく、壷井彰久(Tsuboyと呼ぶらしいです)のエレキトリックバイオリンが冴える良いメロディを聴かせてくれます。




スポンサーサイト



| ホームへ | 次ページ