FC2ブログ

Classical

  1. 古武道 「琥珀の道」(04/10)
  2. 古武道 「メトロポリタン~僕らの交差点~」(10/15)
  3. 古武道 「Best Friend」(06/16)
  4. 古武道 「SASUKE」(06/06)
  5. 古澤巌 「ショーロ・インディゴ」 クラシカルへの誘(いざな)い(05/15)


古武道 「琥珀の道」

2011.04.10(01:11)
2008年リリース。「風の都」収録。

tudou.com
こちら(別窓で開きます)

古武道は「SASUKE」「Best Friend」「メトロポリタン~僕らの交差点~」とありますので4曲目でしょうか。
この「琥珀の道」もなかなかどうして良いメロディだと思います。
最近笛系(尺八も笛になるんだと思いますが・・)が多いですね。Cusco笛や姫神笛の影響でしょうか。そうすると以前からと言うことですね。




スポンサーサイト



古武道 「メトロポリタン~僕らの交差点~」

2010.10.15(23:58)
2008年リリース。「風の都」収録。

tudou.com


少しもの悲しい感じのメロディですね。古武道らしい曲かと思います。
尺八で日本らしさが出ていると言う印象ですね。


DISCASでレンタルが可能です。

古武道 「Best Friend」

2010.06.16(23:27)
2007年リリース。「古武道-KOBUDO-」収録。
古武道は以前「SASUKE」で紹介したグループですね。意外にも、古武道は上位にココまでで2曲。しかも最近のアルバムです。「SASUKE」と同じアルバムですね。と言う事は、私基準で考えるとカバー曲を除くと結構良いアルバムなんですね。でも若干評価が落ちるモノがありますから、凄いオススメというわけではないかもしれません。まぁでも、基準が私基準ですから、当てにならないかもしれません。興味があったら、レンタルで借りてみるのが良いと思います。
「Best Friend」は、どうやらテレビ番組のテーマ曲か何かだったみたいです。正直調べるつもりもないので勘弁して下さい。



当然ですが「SASUKE」のメロディとは異なります。「Best Friend」の方は、割と明るいメロディです。全体的に尺八が前面に押し出されている印象ですね。これも妹尾武の作曲なんですね。聞き比べると面白いかもしれません。
この曲に何か思い入れがあるかと言われると、最近色々ありすぎて、「Best Friend」にはこれに繋がるという出来事とか思い入れは無いのですが、まぁせいぜい2年位前ですか、今後何かにシンクロするかもしれません。ちょっとメロディと、記憶があまりにたくさんの曲を聴きすぎたせいかシンクロする場面は少なくなりましたが、いずれ、もう少しすれば何かあるかもしれませんね。どうしても年度再生率が高い曲にメロディと出来事がシンクロする傾向があります。そういう意味では2008年登録の曲はちょっと不利ですね。
私の話はともかく、「明るいメロディ」の古武道を聴いてみると、使う楽器も面白いですし、なかなか懐が深いグループだと思います。



古武道 「SASUKE」

2010.06.06(23:44)
2007年リリース。「KOBUDO-古武道-」収録。これも最近のアルバムですね。
古武道は尺八、ピアノ、チェロと言う組み合わせのグループで、純和楽器のみではないですが、アコースティックの落ち着いたメロディが聴けます。
Rin’が解散してしまって、代わりと言っては古武道に失礼ですが、Rin’よりも尺八とチェロが前面に出てきているグループです。メロディが違いすぎるから、別物ですね。

古武道は恐らく知名度はほとんどないんじゃないかと、勝手に想像しています。妹尾武はご覧戴いている方はご存じでしょうか?
「SASUKE」は妹尾武の作曲で古武道としも活動しています。もちろん妹尾武はソロでアルバムを出しています。ソロアルバムの方が古いのでご存じの方もいらっしゃるかと。多分、私のサイトに来て下さって戴いている方も古武道は御存知の方は少ないんじゃないでしょうか。2007年結成ですしマニアックすぎるんじゃないかとちょっと心配しています。記事を書くのを躊躇ってしまったり。
ジャンルはAmazonではNEWAGEでCDDBはClassicalなんですよね。私はClassicalで管理していますが、オリジナル曲なので難しいところです。アルバム自体はカバー曲もあるのでClassicalと言う事にしました。と言うかCDDBに任せきりでそのままというのが実態です。



お値段は普通ですね。これは近所のTSUTAYAで借りたモノです。高いので出来ればレンタルが無難だと思います。安く手に入れば儲けモノですね。記事作成時点で調べてないですがDISCASには無いかも。2008年からのアルバムはあるんですが。私の場合、DISCASにあるモノを聴いて、お店で「KOBUDO-古武道-」を借りて、リリースから1年遅れで聴いたと思います。まぁほぼリアルで聴いたウチに入るんでしょうか。でも、追加日から察するに「SASUKE」は2008年のトップ再生率には入っていないので、じわじわ上がって30位の辺りまで来たんですね。最も2008年は大激戦なので、入らなくて当然かなと思います。そのうち、いくつかまだ紹介していないモノも出てきます。
さて、
古武道の「SASUKE」の尺八はRin’よりも和楽器らしい音を聴かせてくれます。組み合わせは前述の通り、尺八とチェロ、ピアノを聴かせてくれます。派手ではなく上品なメロディと言う感じがします。何とも不思議な取り合わせで尺八とチェロってこんなに合うのかと、不思議な音に聞こえます。妹尾武のピアノも絶妙な感じ。なかなかこういうのは無いですね。
メロディはG-CLEFの「AYA」に似ているかもしれません。



昨日(と言っても記事自体は随分前に書いてるんですが)のKBBで書きすぎたので控えめに急いで今日修正しました。メロディもギャップがありすぎでしょうか。

古澤巌 「ショーロ・インディゴ」 クラシカルへの誘(いざな)い

2010.05.15(15:20)
1993年リリース。ベスト+オリジナル盤「ヴァイオリンの夜(Une Soiree de Violon)」に収録。作曲は佐藤允彦。JT Peace LIGHT BOXのCM曲で知ったバイオリン奏者が古澤巌。私のiTunes上ではJIMSAKUのiOle!と日替わりで順位が変わって、上位六~七位と言った所でしょうか。
「ショーロ・インディゴ」以外は、古澤巌がテーマとしている洒落たクラッシックの小品を選んだベスト盤です。私はショーロ・インディゴが聴きたくて、CDを発売と同時期に購入しました。現在でもCDはお手頃な値段で購入可能ですし、割とベスト盤を取り揃えがちな近くのTSUTAYAでもレンタルが容易です。私の住んでいる最寄り駅の一番近所のTSUTAYAにもあります。Amazonでも購入可能で視聴も出来るみたいです。15万枚ほど売れたらしく、クラシカルのCDでは異例の売上げだったそうです。



JTのCMはPRISMのTAKEOFF以来、常にチェックしていて、その中で非常に印象的なCMの曲だったのでどうしても手に入れてライブラリの一つにしたかったものです。
丁度この時期、私のマイブームがアコースティックサウンドに傾いていた頃で、G-CLEFやクライスラーカンパニーとともに購入したモノです。
「ショーロ・インディゴ」目当てで、他の曲は捨てるつもりだったんですが、聞いてみて、クラッシックも悪くない、と思ったアルバムです。以降、バイオリンを中心にクラッシックのCDを聞く事になった端緒となった一枚ですね。

これはCDで入手したので、主に家でCD付きラジカセで何度も聞きました。当時はCDWALKMANとか有ったと思うんですけど、私は持っていなくて、貧弱な環境で聴いていました。何人かバイオリン奏者を聴きましたが、私は古澤巌が好きですね。人それぞれで片付けてしまうのは簡単ですが、古澤巌とクライスラーカンパニー時代の葉加瀬太郎やそれ以降の葉加瀬太郎単体モノを比べると、古澤巌のバイオリンが優しく柔らかく聞こえます。結果、クラシカルを集めるとき、曲が重複した場合、古澤巌を優先する様になりました。一応、元G-CLEFの弦一徹STRINGS(落合哲也)も柔らかい音を聴かせてくれるので好きですよ。弦一徹出しておかないと、Naotoが紹介出来ないですからね。あと、渡辺剛も。

私はいわゆるオリジナル曲重視ですが、「ショーロ・インディゴ」はクラシカルを演奏していた古澤巌の楽曲の中で珍しい存在です。最も古澤本人作曲のモノも以降のCDで聴くことが出来ます。「ショーロ・インディゴ」の曲の意味はインディゴは「青」。意訳で、何でも「泣き節」とか。意味から察する通り、少々切ない系のメロディですね。古澤巌の演奏と曲調が素晴らしいです。youtubeにもあるので、お試しにどうぞ。

JT Peace LIGHT BOX CM


ショーロ・インディゴ


CDの品質は、1989年版のマドリガルに比べて良いですね。マドリガルはちょっとホワイトノイズが気になります。
私が所有するCDは大事に棚に入れてありますが、何が原因か分かりませんがプラスチックケースに罅が入ってしまって、残念な状態です。まぁCDは傷も無く、実験用CDとして各種インポート等に大活躍してます。

同じくPeace LIGHTのCMでは天野清継などを知りました。JTの選曲のセンスは今考えると良いセンスをしていますね。タバコのCMは出来ないけど、こういう感じのCMで色々紹介してくれると聞く側としては有り難いんですけど。無理かなぁ。
| ホームへ |